Curriculum

カリキュラム

21世紀型のスキルを身につけるカリキュラムとして、3言語の習得を目指します。

日本語(国語)

一生に一度は出会いたい名作の数々。文学作品のみならず、科学的読み物、論説文・古文まで、幅広い年齢、ジャンルの作品を、国語指導のプロが厳選しました。古今東西、珠玉の名作から入学試験に採用され、国語力に影響を与える作品を絵本タイプから文庫本まで約300タイトルご用意しています。

英語(英会話)

初心者から英検準1級レベルまで全13レベルがあり、「聞く・話す」「読む、書く」の4技能をバランスよく身につきます。「聞く、話す」:オンラインレッスンを活用し、1:1の会話練習を行います。「読む、書く」:基本的な読み書きのルール(フォニックス)、英文の読み書き等を行います。英検対策も万全に行います。世界の標準語である英語力を身につけることで将来の可能性が大きく広がります。

プログラミング

プログラミングを学ぶ過程で、分析し理解する力、順序立てて考える力が身につきます。また、プログラミングを通じて、実現したいことにたどり着くために、様々なアプローチ方法があることを学べます。最初はScratch(ビジュアルプログラミング)からプログラミングの基礎から学び、Webアプリコース(Rubyという言語を使用)やGame開発コース(Javaという言語を使用)と、本格的なプログラミングを学びます。

その他、e-tech labでできること

プレゼンテーション

学期に1度、生徒を全員集めて、プログラミングの作品を発表します。どのような作品を作りたかったのか、こだわった部分はどこなのかを話します。プログラミングの作品は他者に使ってもらって初めて、世の中の役に立ちます。自分の想いをぶつける空間、他者から認めてもらう空間、時には意見をぶつけ合う空間を意図的に作り、お互いに切磋琢磨できる環境を作ります。

検定対策

日頃の学習の成果として、漢検、数検、英検、プログラミング検定の取得を推奨します。検定の対策もしっかり行います。

知育玩具・ボードゲーム

滞在型のメリットは、異学年が長い時間教室に滞在できることです。その中で、玩具を通じて、対戦し合いながらコミュニケーションを図ることはとても貴重な体験となります。オセロや将棋のようなボードゲームや、知育玩具を教室に用意し、空き時間等に自由に遊ぶことができます。