Teachers

e-tech labの先生の紹介

  1. HOME
  2. 先生の紹介
  3. ニンミタ NIMMITHA

マネージャー

ニンミタ NIMMITHA

国籍は?
スリランカ出身です。
経歴は?
スリランカの大学を卒業してから、5年ほど、スリランカの中学校で、英語と理科の先生をしていました。
1991年に日本に来て、日本語学校に通い、英語講師として8年勤務しました。
2000年からアメリカやカナダに移住をし、大学でコンピューター関係の勉強をし、現地の企業でシステムエンジニアとして勤務しました。
2014年から再来日し、WEB開発エンジニアやALT、子ども向けプログラミング教室の先生として働いてきました。
スリランカ語、英語、日本語(書くのはちょっと苦手ですが…)を話せますので、日本語と英語を交えながら、子どもたちとコミュニケーションをとっていきたいと思います。
どんなシステム開発してきましたか?
金融機関用のシステムやイーコマースのWEB開発、歯医者の予約システムなどを開発しました。
主にPHPを使っての開発が多かったです。
今もシステム開発をしていますか?
現在もカナダの企業とつながりがあり、フリーランスとして仕事をもらっています。
今はpythonという言語を使ってアプリケーションの開発をしています。
pythonは今一番重要とされている言語の一つですので、ぜひ皆さんも扱えるようになってくれるとうれしいです。
なぜ、e-tech labの先生になったんですか?
私の一番の出発地点は、スリランカで学校の先生でした。私の家族も学校の先生をしており、もともと子どもの教育が大好きです。しばらくの間、システムエンジニアの経験をしておりましたが、やはり子どもの教育に携われる仕事に就きたいと常々思っていました。
2020年4月から開校するe-tech labでは、「プログラミングを通じて、子どもたち自身で将来の道をきり拓くスキルを身につける」というコンセプトに共感をし、ぜひ頑張りたいと思いました。
子どもたちにひと言!
コンピューター技術のおかげで、世界はぎゅっと小さくなりました。10年、20年前とは比べ物にならないぐらい、チャンスは目の前に広がっています。だから大事なのは、「挑戦しよう!」と思い、行動することです。失敗しても大丈夫。挑戦し続ければ、きっと次につながります。日本にとどまらず、海外で活躍する子どもたちになってもらえるよう、私も一生懸命お手伝いをさせていただきます。よろしくお願いします!