School Blog

日々の活動の様子

  1. HOME
  2. School Blog
  3. 2020年度以降の英語教育について

2020年度以降の英語教育について

2020年度より、公教育における英語の改革が行われていきます。ざっと流れを確認していきましょう。

【2020年度】
●小学校
・5,6年生で教科化となり、年70時間の授業を実施(単語数:600~700語)
・3,4年生で必修化となり、年35時間の授業を実施

●大学入試-大学入試共通テスト
・Reading、Listeningの配分変更
(Reading:100点、Listening:100点)
※民間試験を活用した4技能試験は延期

【2021年度】
●中学校
小学校英語を受け、中学校の検定教科書の改定
・単語数:1200語→1600~1800語に増加
・文法:高校で学習している「原形不定詞」「現在完了進行形」「仮定法」が中学での履修となる

【2022年度以降】
●高校
次期指導要領が全面実施

 

英語教育は、ずいぶんと力を入れ、履修単語が増加されていく方向にあるといえます。また、保護者世代が一生懸命取り組んできた”じっくりと精読する力”をより高めていくのではなく、今後は”できるだけ短い時間で、大筋を読める力”が試験では求められていくでしょう。何より大事となるのは、実社会で求められている”発信する力”、つまりSpeakingとWritingが求められていくことは間違いないです。英語は、もともとコミュニケーションツールの1つですから、4技能が求められることは当然のことだといえます。

関連School Blog